茂原の整体は「茂原しん整骨院」TV・メディアで紹介される技術力

整体あとの好転反応について

整体や整骨院でマッサージや骨盤矯正などを受けた後に症状が強くなったり、だるくなったり、めまい、頭痛などの症状が出る事があります。これを好転反応と呼びますが、実は良い好転反応と悪い好転反応があります。良い好転反応は施術の経過として仕方がありませんが、悪い好転反応は実は『好転反応』ではなく、外傷ともいえるかもしれません。

整体の後に起こる身体の変化について詳しく述べていきたいと思います。

悪い好転反応

悪い《好転反応》と分かりやすく書きましたが、実は好転反応ではありません。好転反応とは文字通り身体が良くなるため、悪い状態の身体から良い状態に転じる為の身体の反応です。ですから、悪い好転反応とは正しい表現ではありませんが、分かりやすくする為に悪い好転反応と書かせて頂きます。

①《揉み返し》

整体、整骨院の施術ではマッサージをする院が大多数を占めます。施術者の技術が未熟で強く揉みすぎたり、揉む部位が適切ではなかったり、長い時間揉み過ぎたことによって起こる身体のだるさ、筋肉痛のような痛みが揉み返しといいます。なかには施術後に立ち上がれなくなったり、首が寝違えたように動かなくなったりする事もあります。09

揉み返しは好転反応です。という事があるようですが、本当は好転反応ではなく、繰り返し適切ではない力、方向、深さ、時間のマッサージは筋肉に外傷を加える事になり、筋挫傷、筋打撲ともいえる状態を作り出します。そのようなメカニズムによって上記なような症状がマッサージによって引き起こされます。

 

②《背骨をボキボキ・バキバキ》

背骨をバキバキ、ボキボキするような危険で不確実な施術を行う所もあるようです。このような施術は、短期的にも長期的にも身体に重大なダメージを起こさせます。

まず、短期的には腰や首の骨が捻挫した状態になります。08要するに、むち打ちや腰椎捻挫といった、交通事故でよく引き起こされる怪我と同じ状態になります。痛みや症状が増す、首や腰が動かなくなる、手足がしびれる、頭痛、めまい、耳鳴りなどが代表的な症状です。なかには脊髄損傷を引き起こして車椅子生活、寝たきり、死亡事故になる事も実際に発生しています。

厚生労働省も首へのボキボキ、バキバキは事故が多すぎる為、禁止としています。

長期的な問題ではバキバキ、ボキボキをすると一時的に楽になるという方に多く発生します。ボキボキ、バキバキすると背骨の関節の内圧が低下して爽快感があったり、一時的に楽になる事があります。それを改善していると思い、痛みが出るたびにボキボキ、バキバキを繰り返します。

手のみの検査で歪みが分かる確率は6%以下です。バキバキして正しい位置に矯正される確率は、20%以下です。要するに、94%は検査で間違った背骨を80%の確率で失敗するのですから、回数を重ねれば重ねるほど、歪みが進行し、骨や椎間板もボロボロになります。その結果的、腰や首の痛みだけでなく重度の手足のしびれ、頭痛、めまい、自律神経症状、精神的な症状等々、多種多様な健康問題で悩まされる事になります。

良い好転反応

好転反応は何故おこるのか?

①身体が自己治癒力を働かせる時には副交感神経という神経が働きやすい状態になります。副交感神経は筋肉の緊張を緩めたり、内臓の働きを活発にさせたり、眠気を出させて睡眠を促したりと、身体を休ませる方向に働きます。そうなれば、だるさ、眠気等の好転反応が出ますが、それは身体を回復させようとしている良い反応となります

②背骨の歪みによって神経が圧迫している場合は、一過性に症状が強くなります。何故、症状が強くなるのか?例えば、正座をすると足の神経が圧迫され、足に痺れや痛みを引き起こします。では、どうすれば痺れや痛みが取れるでしょうか?正座をやめて立ち上れば良いですよね?正座をやめて立ち上った瞬間は、一時、シビレや痛みが増した事を思い出したのではないでしょうか。IMG_9923

圧迫された神経が解放されると、一時的にシビレや痛みが強く出ることもあります。しかし、圧迫された神経を改善するには必要な身体の反応ですので、施術の過程として悪くない、いわゆる本当の好転反応と言えます。

 

身体のバランス、姿勢が施術によって変化すると、いつもとは違うバランス、姿勢になるので、身体がいつもとは違う状況にビックリするような反応を見せる事があります。IMG_1884

例えば首が右に傾いているとします。長年、首が右に傾いている状態ならば脳はそれが当たり前の状態と思っています。

施術によって首の傾きが急激に無くなった場合、いつもと違う首の位置を異常だと感じ、痛みや症状によって《悪くなっている》という間違ったサインを出してしまう事があります。要は脳の誤作動です。これも良い施術の過程で起こる良い好転反応と言えます。

 まとめ

良い好転反応、悪い好転反応を明確に区別する事は困難ですが、良い好転反応の場合、症状が悪化したりしても1日程度で収まるの事が殆どです。施術後にダルさ、眠気、痛みや症状の悪化が起こった際には施術した先生に尋ねてみましょう。

「茂原しん整骨院」茂原で口コミ評価NO.1|交通事故治療もお任せ PAGETOP